平屋、それはフラットで居心地の良い空間を作りだす建築だ。日本古来からの軒下が長く、雨風に強い自然と調和した造りなのだ。casa piatto(カーサ・ピアット)もまた、この日本家屋の平屋の良さを充分に活かしているのだ。平屋であることの良さや開放的な空間による快適性も高く、収納スペースも充分あり、憩いの場であるLDKを中心に家族が集うことができるのである。ライフスタイルに合わせた暮らし方の実現ができるのだ。

開放感あふれる空間

casa piattoの平屋は、LDKを中心に主寝室と子ども部屋に分かれている。大空間のLDKに家族が集えば、同じ空間を共有してどこにいても家族の気配を感じることができるのだ。広々としたキッチンからは、子どもの遊ぶ様子や声を見聞きしながら料理を作ることも可能なのである。また、リビングを挟んで部屋を設けているので、子どもや親のプライベート空間もそれぞれ確保できるのだ。空間が広くフラットな造りは、充分な収納スペースも確保して余計な物が散らからず、最大高の4mの屋根は開放的な大空間を生み出すのである。

生活の導線やお掃除もらくらくで快適な間取り

casa piattoの平屋は、その作りが段差のないフラットな間取りなので、掃除や洗濯などの家事の導線を邪魔する物が何もないのだ。時短で家事もスムーズに行え、その空いたゆとりの時間を家族との憩いの時間に費やせるのである。段差も階段もなく、思わず裸足ですり足で歩きたくなる心地よさなのだ。子どもがつまずくこともなく、快適な安心設計だ。また、部屋の要所に収納スペースも設置できるので、部屋に生活用品が散らかることもない。全面フラットな床は、お掃除ロボットが活躍する間取りである。

軒下のある屋根が家を守る

日本の古来からの建築で守られてきた軒下、自然の中に溶け込む日本家屋の特徴である。casa piattoの平屋もまた、軒下を大切にしているのだ。広く大きく突き出した軒下は、雨風から家を守ることはもちろん、夏の強い日差しを遮ったり、冬の柔らかな日差しを心地よく部屋の奥まで運んでくれるのである。平屋は二階部分がないことで、傾斜のある大きな屋根を備え付けて長い軒下を作り出すことができるのだ。屋根のある軒は、庭と室内との空間を自然につなげてくれ、調和のとれた空間を演出できるのである。また、軒下があれば、雨をしのいで軒下で子どもが遊ぶ姿をキッチンから眺めたり、庭をつなぐテラスでガーデニングやバーベキューなど家族が一緒に楽しく過ごす時間も増えるのだ。

家族のライフサイクルに合わせた暮らし方

平屋であることの良さは、どこにいても家族の気配を感じて共有できる時間を同じ空間で持てることだ。子どもが小さい時は、目や手をかけ、見守ることがたやすく、大きくなればそれぞれのプライベートな空間も持てる間取りなのだ。さらに、子どもが巣立って夫婦だけの時間となった時、不要な物がなく、段差や生活の導線も楽でシンプルな暮らしができるのである。casa piattoの平屋の家は、快適性が高く家族の願いをかなえてくれる家なのだ。

快適性抜群な「casa piatto(カーサ・ピアット)」広いLDKや収納スペースの確保が暮らしやすい空間を生み出す

casa piatto(カーサ・ピアット)の平屋は、伝統的な日本家屋の造りを大切にしながら、長い軒下や高い天井で大きな空間を作り出しているのだ。開放的で自然との調和に優れた家は、どこまでも心地よい。また、家族のライフサイクルに寄り添い、シンプルな暮らし方で飽きのこない愛着ある家となるのである。家族が長く暮らせる家、それがcasa piatto(カーサ・ピアット)の平屋の家なのだ。

投稿 「casa piatto(カーサ・ピアット)」それは、大地に広がる心地よい平屋、快適性が高いLDKで家族の顔が見える住み家#casa に最初に表示されました。