「毎日の暮らしを少し楽しくする衣・食・住」をコンセプトとしたウェブショップ「acutti」を主宰している圷みほさん。現在、築40年超の集合住宅の一室をフルリノベーションして家族3人で住んでいる。

シックなモルタルの壁にステンレスのキッチン、むき出しのコンクリート天井といった硬質な要素の中に、かごや古家具、ドライフラワーなどのナチュラルなインテリアがマッチ。そんなこだわりの詰まった圷さんのご自宅を紹介。

異素材が溶け込んだキッチンまわり

1日中穏やかな光が入る北側のキッチンは、ステンレス、木、モルタルの素材感に圷さんセレクトの温かな雑貨がマッチしている。

キッチン道具は、作家ものだけでなく、IKEAや無印良品アイテムが使われており、「昔」と「今」がほどよく調和されており、使い込まれた雰囲気のダイニングテーブルを中心に、作家ものや年代ものの家具、雑貨が味わいを出し、異素材が溶け込んだキッチンまわりだ。

キッチンの壁面はモルタルに。ステンレスキッチンは、絶対に取り入れたかったそうで、コンクリートやモルタルの壁と非常に馴染んでいる。

余白を大切にしているという、圷さん。ダイニングキッチンは壁を白く塗装され、壁には蚕網、圷さんのお母様制作の時計がかけられており、シンプルでありながらもこだわりが詰まっている。

圷さんのご自宅には、グリーンやドライフラワーがあちこちに置かれており、温かな空間と非常に馴染んでいる。

木の作家うだまさしさんのサクラの木を使ったランプシェードが、ダイニングをやさしく灯す。

特徴的なアーチ型の構造壁

リビングとキッチン&ダイニングを緩やかに分けるアーチ型に切り取られた構造壁が特徴的だ。壁はクロスを剥がしてコンクリート現しに。一部分をモルタル、白の塗装にして変化をつけたそうで、建具を入れないことで、より広々としたスペースになっている。

“小上がり”が主役のリビング

リビングの一角にある小上がり。天井にところどころ、棒を通したりフックを掛けられる「丸カン」がしてあるのも特徴的。小上がりを囲うように付けられた丸カンには大きな布をフックで掛けて、お客さんが家に泊まる際、小部屋のように空間を仕切ることもできるし、作家さんのオブジェや植物などを掛けることもできるという。

また、小上がり下には収納スペースがあり、キャンプ道具や布団、クリスマスツリーなどの季節ものなどをたくさん収めているそうだ。

また、道の駅、蚤の市、色々なところで常にチェックしているという“かご”も、多く見かける。見せる収納として活用しており、より柔らかな空間に引き立てている。

花模様のクッションフロア

水回りの花模様が可愛い床は、子供の安全性を考慮してクッションフロアを採用。統一された空間にどこか温かみを感じることができる。

集合住宅の一室をフルリノベーションしたご自宅。ベッドルーム以外は仕切りを排した開放的な空間に、圷さんの大好きな古家具や雑貨が彩っている。

一から作り上げた愛着のある空間、そして自分の「好き」を集めた空間で、大切な人たちと、素敵なおうち時間を過ごすことができそうだ。

投稿 「acutti」店主・圷みほさんの築40年超の集合住宅の一室をフルリノベーションした、こだわりの自宅#casa に最初に表示されました。