日本でマイホームを建てるとなると、世間的には2階建ての家を想像するだろう。1階はリビングやキッチンで2階は子供部屋などの個人の部屋。それが通説とされてきた日本の家だが、「casa basso(カーサ・バッソ)」は日本古来の家屋である平屋だ。限られた敷地内で満足のいく家を提供する「casa basso(カーサ・バッソ)」の技術とは、どんなものなのだろうか。

平屋にはどんな良さがあるのか?

そもそも平屋はメリットも多く、注目されている建て方の家でもある。2階に続く階段が無いバリアフリーという設計や強い耐震性、家のメンテナンスを行うことになっても費用を抑えることができるなど、たくさんの魅力が溢れているのが平屋なのだ。なお、階段の利用は高齢者の負担が減るという見方が存在するが、妊娠中の女性や子育てを担う方にとっても階段の利用は頻度が増すと体に負担がかかる。小さな子供が階段でケガをするリスクもあり、中学生くらいになってリビングを通らずに2階へ帰宅する習慣がつくと、家族で顔を合わす機会も減ってしまう。

その点、平屋は横に移動するだけなので身体的にも楽で、家族が顔を合わせやすい空間を提供してくれるのだ。casa bassoの間取りも、玄関を入ったらリビングとダイニングを通らなければ、各部屋へは行けない設計となっている。学校帰りの子供を迎えるには優しい間取りとなっていて、子供の様子を気にかけたい方にとっても利便性のある設計なのだ。また、平屋は狭いというイメージを持っている方も多いが、casa bassoは天井を高くとっているため広さを感じることが可能である。むき出しの梁はインテリアのようにおしゃれで、開放的な空間を演出してくれる。

自然の力を上手く利用した深い軒

そして、casa bassoの特徴的な部分には深い軒がある。絶妙なバランスで付けられた軒は、夏場の日差しを遮り冬場の貴重な日差しを取り込むという、機能性のある環境設備となっているのだ。自然が生み出し享受してくれるエネルギーの利用で、エアコンの稼働などの頻度も下がれば光熱費も安く抑えることができ、自然の涼しさや温かさで住人に優しい空間を与えてくれることだろう。また、雨の日は軒先から滴り落ちる雨のしずくを眺めるのも一興だ。家の中から自然が織りなす風景を家族で堪能する、そんな時間を与えてくれるのがcasa bassoなのだ。

なお、軒下は少し広めの縁側になっていて、洗濯物を干すことや子供の遊び場、外を眺めながらの食事やティータイムなどに利用することができる。縁側は木で作られているため自然の温もりを感じることも可能で、その広さのある設計はもう一つの部屋のような感覚をもたらしてくれるだろう。勿論、子供が走り回ってもジャンプをしても平気な丈夫な作りである。昔懐かしい日本の縁側を現代風にアレンジした軒下は、何気ない家族の対話を後押ししてくれる素敵な空間となっている。

ライフスタイルに合わせた間取りに変えられる

casa bassoは、平屋でリビングとダイニング、個室が2つというシンプルな間取りだが、将来的に間取りを変更することが可能である。時が流れるにつれて変わっていく家族の構造や自分達の体など、ライフスタイルの変化に合わせて柔軟に対応することができる。また、ウォークインクローゼット付きの部屋は収納場所が欲しい方にも嬉しい構造となっていて、家のほぼ真ん中に位置するキッチンは炊事をする方を孤立させることもない。なお、この配置は家族の顔がよく見えることがメリットで、どこにいても家族の動きが分かる設計は安心の一つではないだろうか。

また、casa bassoのメインの窓は大きな窓が4枚という作りになっているが、この窓から差し込む光のおかげで室内は明るく、開放的な気分を味わうことが可能だ。ふんだんに使用された木材に自然光が映えて、ナチュラルな美しさを家の中に居ながら楽しむことができる贅沢な仕様である。日向ぼっこや雨の日の遊び場として窓際に陣取る子供達と、それを見守る大人達という温かいシーンも実現可能だ。

色々なインテリアとも相性抜群

なお、casa bassoは外観は和風のテイストだが、一歩中に入ると洋風のテイストに迎えられるデザインとなっている。白い壁やナチュラルな床や柱などが洋風に感じさせるが、これらは和風、洋風のどちらのインテリアを合わせてもマッチするデザインなのだ。部屋が白とベージュという、シンプルな作りなので、家具や家電なども様々な色をチョイスすることが可能で観葉植物の存在もピッタリと収まる。

他にも、照明やカーテンなど、インテリアにこだわりを持っている方もcasa bassoであれば、様々なレイアウトが浮かび、そしてそれを実現することができるだろう。機能性に優れているだけではなく、おしゃれな平屋としても、casa bassoは注目の住宅なのである。

長い人生をどんな家で過ごすのか

平均寿命が延び、長い人生をどのように生きていくのか、人生設計を模索している方も多いだろう。だが、どのような家で過ごすことも大事な選択である。変化するライフスタイルに上手く対応し、自然と共にナチュラルに生活をしていきたい、そんな生活を望む方にとって「casa basso (カーサ・バッソ)」は魅力的な毎日を提供してくれることだろう。

投稿 将来的に間取りの変更もできる、柔軟なデザインの平屋「casa basso(カーサ・バッソ)」#casa に最初に表示されました。