京都・嵐山の渡月橋の借景を望み、桂川が目の前を流れる一角に、ひっそりとたたずむ「%Arabica 京都嵐山」。ここは「%」の個性的でおしゃれなロゴマークでも多くの人々に知られているコーヒースタンドだ。リノベーションのデザインを担当したのは、Puddleの建築家・加藤匡毅。目の前に広がる「絶好のロケーション」と「コーヒースタンドらしい空間構成」で魅了する店舗づくりを見てみよう。

コーヒーロースターショップ「%Arabica」

「%Arabica」は、香港が拠点のコーヒーのロースターショップで。コーヒーのロースターショップでありながらも、エスプレッソマシーン、生豆のストックヤード、焙煎機のショールームの機能を持ち合わせる「コーヒースタンド」だ。

コーヒーのクオリティはもちろんのこと、「%」のロゴマークと個性的でおしゃれなパッケージデザインでも多くの人々を魅了し続けている。

東山にある1号店に次いでオープンした「%Arabica 京都嵐山」は、目の前を流れる桂川と、竹林で知られる嵐山を望む絶好の立地に佇む築約40年の東屋を改修した。

手掛けたのは、Puddleの加藤匡毅

「%Arabica」2号店である「% ARABICA 京都 嵐山」のリノベーションデザインを担当したのは、Puddle(パドル)の加藤匡毅 氏だ。彼は、2014年にオープンした「% ARABICA 京都 東山」の改修も担当している。

「% ARABICA 京都 嵐山」では、目の前に広がる絶好のロケーションに対し「この素晴らしい景色を誰のものにするのが最善か」を考え設計したという。お客さんだけでなく「ここで働くバリスタ」にも強くフォーカスを当てたことで、「バリスタが居ることで完成形」とも言えるコーヒースタンドならではの空間が創り上げられている。

ガラス面が印象的な開放感のあるファサード

外部から見られることを意識し、店内からの景観を際立たせるために採用した「大きなガラス面」が印象的な外観。

基礎自体を高く持ち上げることで、店内からの景観を通行人によって遮られないよう配慮し、最高のビューポイントにはカウンターを配置している。「バリスタの居心地と存在感」に焦点を当てた今回のデザインらしい、配置づくりが魅力的だ。

基礎部分を一部伸ばすことで、誕生したベンチも個性的な発想で面白さがある。

素材と構成で「日本の美」を感じさせる空間

10坪に満たないコンパクトな店内は、基礎により1段高い位置に設定された「レベル差」と全面に広がるガラス窓の効果で、開放的な空間が気持ち良い。

存在感のあるカウンターのディテールは研ぎ出し仕上げが美しく、シャープなガラス素材との「重厚感と軽快さ」が魅力的に調和する。

ミニマムなデザインと色調には「素材感」をプラスすることで日本の美意識を感じさせるテクニックは、実に巧みな「% ARABICA」のデザイン力を感じることができる。

ロケーションの価値を生かした構成

京都・嵐山の渡月橋の借景を望み、観光客のに賑わいからも少し離れた一角に「ひっそりとたたずむ平屋の東屋」。まるで夢のようなロケーションを持つ土地からは、四季折々を贅沢に感じることができる。

「%Arabica 京都嵐山」は、ひな壇形状の店内アプローチとすることで、その景観を思いっきり堪能するだけでなく、ホッと落ち着く空間へと進化を遂げた。

空間の中心に居るのは「バリスタ」。コーヒースタンドだからこその「構成」と、ロケーションの「価値」をうまく融合させることで、ただ「コーヒー1杯」に留まらない体験ができる場所となっている。

%Arabica 京都嵐山

営業時間:9:00~17:00 (土日・祝日の場合は9:00~18:00)
URL : https://arabica.coffee
住所:〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-47

投稿 Puddleの加藤匡毅による桂川を目前に借景とともに浮遊するコーヒースタンド「%Arabica 京都嵐山」#casa に最初に表示されました。