今や田舎などで平屋住まいに憧れる人が増えている時代である。そして、永年満足の平屋スタイルとしてcasa piatto(カーサ・ピアット)が注目されている。普通の平屋とは一体どのような点が違うのだろうか。casa piatto(カーサ・ピアット)ならではの建物の特徴を知れば、永年満足と謳われるその理由が見えてくる。ずっと心地よく住み続けることができるcasaの平屋には、どういった魅力があるのだろうか?

家族がコミュニケーションを取りやすい工夫

平屋を希望する人の多くは、開放的なワンフロアで家族が顔を合わせる機会が増えることを望んでいるだろう。2階3階建てとは違い、平屋というものは家族と家族の距離が近くなる。casa piattoではまず間取り空間の作り方に、家族の笑顔を見渡す工夫がなされている。LDKスペースを中心部に持ってくることで、家族をぐるり360度方位から見守ることが可能となる。小さな子供たちのこと、ペットのこと、おじいちゃんおばあちゃんのこと、家事用事をしながらしっかりと見渡せるので安心だ。そして家族と家族のコミュニケーションの輪が自然と広がることだろう。

赤ちゃんやシニアにも優しい平屋

家を購入したときは夫婦2人であっても、その後に赤ちゃんが生まれたり両親と同居したりと、家族構成が変わっていくケースは多い。そこでcasa piattoがおすすめするのが、無垢材の優しいフロアである。赤ちゃんがハイハイしやすく子供たちがこけても安心できるフロア。高齢で万が一転倒してもクッションになる、そんな無垢材床であれば家族みんなが平穏無事に暮らせるはずだ。casa piattoの平屋は、本体価格1000万円台〜という価格帯も魅力である。無垢材床の種類も予算によって選んでみよう。住人が健やかで平和に過ごせる建材に巡り合えるはずだ。

casa piattoの収納は家族想い

部屋が整理整頓されて綺麗に片付くために、収納スペースは欠かせない。子供たちのおもちゃやパパの趣味グッズ、おじいちゃんの本など家の中には大切なものがいっぱい溢れている。それらを綺麗に収納できるのも、casa piattoの平屋ならではと言える。なぜならcasa piattoは、建物の約15%が収納スペースだからである。15%もの収納があるからといって、決して狭く感じないのも魅力だろう。家族が増えて荷物が溢れても、すっきりと綺麗な空間であり続けることができる。

防犯面も考えられた平屋

家族がずっと楽しく穏やかに暮らすためには、セキュリティー面も重要である。そこでcasa piattoの平屋は、幅わずか21cm縦長スリット窓を取り入れることにした。プランによっても多少異なるが、リビング以外にこうした細いスリット窓が建てつけられている。スリット窓は必要な日差しは取り込んで、風通しも良くなるので換気にもなる。そして何よりも、21cm幅であるゆえに空き巣や不審者の侵入を予防できるのだ。機能的である上に防犯対策にもなる優れた窓である。

家族が増えてもずっと安心

こうして見てみると、casa piatto(カーサ・ピアット)はフローリングから収納、間取りに至るまですべて住み心地の良さが長く続くように計算されていると言える。今と10年後、20年後はライフスタイルも異なるだろう。どんなときでも、一緒に過ごす人が皆幸せに快適に暮らすことができれば何よりである。casaの平屋であれば、そんな幸せが実現するに違いない。

投稿 住んでみて幸せを実感!「casa piatto(カーサ・ピアット)」の平屋が永年満足と言われる理由#casa に最初に表示されました。