コロナ禍によって、私たちの生活は大きく変化しました。感染リスクを避けるために急増したテレワークも、生活スタイルの大きな変化のひとつです。そして、テレワークの増加に伴い、人々が住宅に求めるニーズも変化しています。自分の理想の家を実現できる注文住宅ですが、テレワークを念頭に置いた間取りを重視する人が増えているのです。では、テレワークのストレスを少しでも軽減するには、どんな間取りが理想なのでしょうか。

テレワークで起こる問題点とは?

そもそも、実際にテレワークを行っている人は、どのような問題点を抱えているのでしょうか?

もっとも多いのが、「仕事とプライベートの区別が難しい」ということ。会社に出社して仕事をする場合は、プライベートから仕事への気持ちの切り替えが自然とできます。しかし、リモートワークだと環境が変わらないため、気持ちの切り替えが上手くいきません。その結果、仕事の作業効率が落ちてしまうという事態が生じるのです。

さらに、「仕事に適したスペースが確保できない」、「周りの音が気になって集中できない」といった問題も挙げられます。本来のんびり寛ぐための自宅で仕事をするというのは、やはり難しいこと。そのため、プライベートと仕事を上手く切り離し、集中できるテレワーク環境を整えることが必要だといえるでしょう。

仕事スペースを確保するには個室が理想、半個室でもOK

 

オンオフの切り替えをスムーズにできるようにするためには、やはり仕事スペースを確保することが大切です。「ここは仕事をする場所」というのが決まっていれば、自然と気持ちも切り替えられるでしょう。また、反対に、家族と過ごすプライベートな時間に、仕事のことを考えなくても済むはずです。

集中できる仕事スペースを確保するためには、やはり個室が理想的です。子どもの声や家族の生活音も気になりにくく、集中して作業することができます。リモート会議の際にも、背景に生活スペースが映り込む心配が無いので安心です。また、仕事に関する書類のほとんどは会社の重要な機密情報。たとえ家族であっても、見たり触ったりするのはよくありません。個室の仕事スペースが確保できれば、そういった書類の管理もしやすいので安心です。ですので、間取りを考える際には、個室のワーキングスペースを確保することが理想的だといえます。

しかしながら、予算や面積の関係で、個室の確保は難しい場合もあるでしょう。そんなときは、工夫して、半個室の仕事スペースを設けるのがおすすめ。例えば、寝室にデスクを置いて仕事スペースを作る、リビングの一角をロールカーテンで仕切るといった方法があります。階段下のデッドスペースを上手く活用するのも手でしょう。個室は難しくても、工夫次第で快適な仕事スペースの確保が可能です。

仕事スペースの広さは用途や目的に応じて考える

テレワークのためのスペースを作る場合、その広さを考えることも重要です。これは、広ければよいというわけではなく、用途や目的に応じて変える必要があります。テレワーク専用の部屋にするならば、壁向きのデスクにパソコンやプリンタといった機器が設置できるスぺースがあれば問題ありません。1帖ほどの狭い空間だとしても、座ったまま手が届く範囲に全てが揃っていれば、むしろ作業効率が上がるかもしれません。

しかし、テレワーク専用でなく、せっかくなら趣味を兼ねた書斎を作りたいといった場合、話は変わってきます。例えばギターが趣味の場合には、それらを置いておくスペースが必要ですし、ただ机と椅子が並べられるだけでは広さが足りません。そのため、間取りを考える際には、そのスペースをどういった用途や目的で使用するのかを熟考して広さを決める必要があるでしょう。

ワーママなら家事と両立しやすい環境を

家事をしながら、その合間の時間を利用してテレワークで働くママも増えています。そういった場合は、リビングにワーキングスペースを設けた間取りを考えるのが良いでしょう。パソコンに向かいながら、子どもの様子を確認することも可能です。仕事とプライベートの区別はどうしても難しくはなりますが、ちょっとした隙間時間に洗い物を済ませたり、洗濯物を畳んだりすることができます。時間を上手く使い、仕事も家事も効率よくこなしたいワーママにとっては、リビングのワーキングスペースがおすすめだといえます。

仕事の効率アップのためのひと工夫

テレワークに適した間取りを考える際、仕事の効率アップを図るちょっとしたポイントがあります。次のようなポイントも、あわせてチェックしておくと良いかもしれません。

自然光を取り入れて集中力アップ

テレワークは自分一人の空間なので、緊張感がなく、集中力が続かないといった問題もあるでしょう。そういった問題を避けるため、自然光が差し込む場所に仕事スペースを設けるのがおすすめです。自律神経が整い、気力や集中力が向上します。また、照明の色味をより自然光に近いものにする、照明の位置を工夫する、というのも集中力アップに効果的です。

見落としがちなコンセント

コンセントの位置や数も、実は意外と重要なポイントです。リモートワークでは、パソコンやプリンタ、通信機器などが必要不可欠です。そのため、どこに何を配置するのかを予め考えながらコンセントの位置を考えると良いでしょう。また、1~2個多めに作っておくと、携帯の充電が無くなった場合なども対応できて安心です。

「これだけは譲れない」というポイントを大切に!

家は一生に一度の大きな買い物。自分の理想を形にできる注文住宅ならば尚更、とことんこだわりたいものです。しかし、テレワークに適した間取りを実現したいと思っても、予算や限られた面積の中で全てを理想通りにというのは難しいですよね。そのため、何に一番こだわりたいのか、「これだけは譲れない」というポイントを決めておくことが最も大切ではないでしょうか。

投稿 これだけは押さえておきたい!テレワークが快適になる間取りとは?#casa に最初に表示されました。