金融緩和によって、銀行等の金融機関から有利な条件で融資が受けられるようになった為、ハードルが高かった不動産投資がやりやすくなってきている。そんな中注目されているのがcasitaだ。casitaとは賃貸住宅の運用をしたいオーナー向けの一戸建賃貸住宅である。では具体的にcasitaを利用するメリットは何かというと色々あるので詳しく見ていこう。

高稼働率と高利回り、そして長期間の安定収入が期待出来る

casita(カシータ)のメリットは色々ある。まず高利回りが期待出来るという点だ。賃貸物件というとマンションをイメージする人が多いが、マンションは需要と供給のバランスを見てみると若干飽和傾向にある。一方casitaは戸建賃貸住宅で、需要に対して供給が少ない為、高い入居率と稼働率が期待出来る。需要が大きいので、家賃も高めに設定する事が出来、その結果高い利回りを期待出来るというのは大きなメリットだ。また戸建ての賃貸住宅に入居する人達はファミリー層が多く、一度入居すると長期間住んでくれる為、空室リスクは減り、オーナーは長期間安定収入を得る事が出来るというのも魅力である。

管理がしやすく、メンテナンス費用を抑える事が出来る

管理がしやすいというのもcasitaの大きなメリットだ。マンションのような集合住宅の場合、修繕積立金の増額や大規模修繕工事の決定をするには各部屋のオーナーによって組織される管理組合での決議が必要である。その為中々意見がまとまらず物事を決める事が出来ないというケースも珍しくない。一方casitaは戸建賃貸住宅でオーナーも1人なので、自分の好きなタイミングで工事等を行う事が出来るため、管理がしやすいというのがメリットである。

またマンションのような集合住宅だと修繕工事も大規模なものになるとお金もかかり、工事期間も長くなるが、casitaなら戸建賃貸住宅なのでメンテナンスも部分的なもので済み、メンテナンス費用も抑えられるというのもメリットだ。

住環境や土地環境、立地条件に左右されず土地を有効活用する事が出来る

土地を有効活用出来るというのもcasitaの大きなメリットである。casitaは戸建賃貸住宅でファミリー世帯が利用する事が多い。ファミリー世帯は周辺の生活環境を特に重視するので、多少駅から離れていても需要はある。そのため駅から離れた土地も有効活用する事が可能だ。また変形した土地の場合、アパートやマンションを建てるとどうしてもデッドスペースが生まれてしまう。その結果土地を最大限利用する事が出来ない。しかしcasitaは戸建賃貸住宅なので、戸建を並べて建てる事が出来る。そのため変形した土地も最大限有効活用する事が出来るというのは大きな魅力である。

casitaには色々メリットがあるので、不動産投資に興味がある人は検討してみると良い

casitaには高稼働率と高利回り、それから長期間の安定収入が期待出来るというメリットがある。また物件の管理がしやすく、メンテナンス費用を抑える事も出来るし、住環境や土地環境、そして立地条件等に左右されず土地を最大限有効活用する事が出来るというのも魅力だ。そのため不動産投資に興味がある人は一度検討してみると良い。

投稿 賃貸住宅の運用をしたいオーナー向けの一戸建賃貸住宅であるcasitaを利用するメリット#casa に最初に表示されました。