モダニズムを世界に知らしめ、後世に多大な影響を与え続ける近代建築の巨匠「ル・コルビュジエ」

20世紀の近代建築運動に大きな影響を及ぼした1人である、ル・コルビュジエ。本名「シャルル=エドゥアール・ジャヌレ」。ル・コルビュジエは、1887年にスイスで生まれ、地元の美術学校で学んだ後にウィーン、ベルリンで建築・工芸の新しい運動に触れ、パリでキュビスムの影響を受けました。建築...

#casaで続きを読む