賃貸経営のために集合住宅を建てるには、ある程度広い土地と資金が必要だ。しかし、戸建ての賃貸住宅casitaなら25坪以上の土地があれば賃貸経営が可能である。インカム住宅を建てれば家賃収入で自宅のローン返済ができる。初期費用も少ないのでローンの返済期間も短く、返済が終われば老後の資金などに充てることも可能だ。相続の際にも有利な点が多い。

インカム住宅を建てるメリット

インカム住宅とは賃貸経営の一形態で、1つの土地に2棟の戸建賃貸住宅を建て、1棟には自分が住みもう1棟を他人に貸して家賃収入を得る方法である。

インカム住宅は小規模のため土地の大きさや形に問題があっても建設が可能で、コストも少なくて済むのでローンの返済も10年程度で終わらせることができる。またインカム住宅を建てる場合には不動産投資となるため、事業ローンを借りることができる。金利はやや高めだが、収入の10倍~20倍程度の融資を受けることが可能である。

1棟しかない戸建賃貸住宅は、借り手がいなければ家賃収入が入らないというデメリットがある。しかし、多くの人が戸建てに住みたいと考えているので需要があり、家族で住むことも多いので定着率も高い。

相続の際の戸建賃貸住宅のメリット

相続人が複数いる場合、集合住宅では相続の割合を巡って遺産相続問題が起きやすくなるが、戸建賃貸住宅なら1棟ずつ相続することができるので、これを回避することができる。

土地を相続した場合には更地だと固定資産税が高額になるが、戸建賃貸住宅を建てることで税額は大幅に軽減される。土地の評価額が下がることで相続税も減税され節税になる。

小さな土地でも家賃収入が得られる戸建賃貸住宅casita

25坪から土地活用できるのが戸建賃貸住宅のcasitaだ。コンパクトな外見ながら3種類の間取りプランを持つ。
マスタープランは持ち家の感覚を大切にしたプランで、広いキッチンと収納を充実させたプランやアイランドキッチンのある広いリビングを備えたプランなど8種類から選べ、反転型を含めると16種類のバリエーションがある。

ガレージプランはマスタープランより多少広い土地向きで、ガレージのある開放的なプランである。充実のガレージプラン、収納充実プランなど4種類から選ぶことができる。

ルーフトッププランは屋上テラス付きのプランで、土地対応力の高い長方形のプランと家族がゆったり暮らせるプランの2つがあり、建物に新たな価値を見出している。

システムキッチンやタイルデッキテラスなど質の高い設備は、casitaの価値を高めるのに役立っている。

土地活用ならcasitaが一考に値する

戸建てのマイホームと同時に家賃収入も得られるcasitaなら、小さな土地を有効活用できる。実際にcasitaを建てたオーナーは、そのデザイン性やクオリティーの高さに満足している。家賃を高めに設定することで、逆に富裕層からの申し込みが多くなったという事例もある。

投資として賃貸経営を考える場合にも、casitaの戸建賃貸住宅で始めてみるのは悪くない選択だろう。

投稿 戸建賃貸住宅の「casita(カシータ)」は25坪の土地から賃貸経営できる新しい土地活用の形#casa に最初に表示されました。