ル・コルビュジエによる小さなギャラリーのような室内風景が楽しめる「ラ・ロッシュ邸」

パリ市内にあるル・コルビュジエ設計の住宅の一つ「ラ・ロッシュ邸」。コルビュジェの建築作品の中でも中期にあたる白の時代を代表する名作です。こちらには小さいながらもコルビュジェの5原則(ピロティ、屋上庭園、水平連続窓、自由な平面、自由な立面)が全て揃っています。広大な敷地に建つサヴォ...

#casaで続きを読む