どんな家族構成でも住みやすく快適な空間を確保できるうえ、省エネ対策も十分な家は、マイホームを持ちたい人たちの理想と言えるだろう。さらに、頑丈で地震にも強い建物であれば言うことはない。こうした願望を実現すべく考案されたのが、「casa sole(カーサ・ソーレ)」である。「casa sole(カーサ・ソーレ)」とは、どんな特徴があるのだろうか?

casa soleがエコハウスとして高い評価を受けている理由

casa soleには、高断熱・高気密の設計が施されており、外気の影響を受けにくいという特徴がある。一般的な住宅と異なり、casa soleは、熱伝導率が低いネオマフォームと呼ばれる特殊な断熱材を使用しているため、夏は熱しにくく、冬は冷えにくい構造になっており、冷暖房費を軽減できるエコハウスなのだ。casa soleは、家計を助けるだけでなく、環境にも優しい建物だと言えよう。十分な大きさを確保した窓のガラスも断熱性と気密性が高く、室内の温度を一定に保ってくれる。遮光カーテンを開ければ、大きな窓から明るい日差しが室内に差し込み、寒い冬の日も自然に温めてくれるだろう。

太陽光パネルにより効率的に発電できるcasa sole

casa soleの住宅は、太陽光発電を利用しているため、光熱費が大幅に節約される。自家発電された電気は電力会社等が買い取ってくれるので、日常生活に必要な電気を消費しても、なお売電により収益が上がるほどだ。夏の冷房や冬の暖房に電気を使ったとしても、1年間を通してみれば、10万円以上の利益が上がる年もある。したがって、夏の暑さや冬の寒さを我慢して光熱費を抑えようとする試みは不要である。casa soleに住む人は、あえて節約しようと努力しなくても、快適な生活を送るうちに自然にエコライフを実現できるのだ。

住みやすさと頑丈さを追求したcasa sole

casa soleの魅力は、単にエコであるというだけではない。自然の温かみを感じさせる建材を使用し、居住者に快適さを与えてくれる住宅だ。強い地震などの災害が起きても耐えうる構造を備えており、安心して住めるだろう。また、住空間を自由にアレンジできるという特徴もある。建物をほぼ一本の柱で支える構造のため、部屋の仕切りを仮設のパーテーションのように取り外したり付け加えたりして間取りを変えることも可能なのだ。ライフステージの変化によって家族構成も変わり、必要とされる間取りも異なってくるだろう。

夫婦2人のうちは広い部屋が1つあれば良いが、子どもができてプライバシーを求めるようになると、子ども部屋を作ってやらなければならない。casa soleは、必要に応じて間取りのデザインを変えられるので、様々なライフステージに適した住まいを提供できる。

エコと快適さの両面を実現できる

「casa sole(カーサ・ソーレ)」は高い断熱・気密性を持つ素材と太陽光発電の採用によって、エコハウスとしての高い評価を受けている。これに加えて耐震性も十分で、防災面でも信頼性が高い住宅だ。さらに、部屋の仕切りを自由に変えられる特殊な構造のため、自由自在に間取りを変更できるというメリットもある。このように、エコライフを満喫しながら快適に住める「casa sole(カーサ・ソーレ)」は、何世代にもわたって活用できるだろう。

投稿 太陽光発電を備えたエコハウスとして知られる「casa sole(カーサ・ソーレ)」の魅力#casa に最初に表示されました。