柳瀬真澄の設計で丘陵に建つ自然を取り込んだ柔らかな時が流れる住まい「田尻の家」

福岡を拠点とし、住宅をメインに様々な空間の建築設計を手がける建築家・柳瀬真澄。彼が手がけた市中より僅かに離れた田畑も残る住宅地の緩やかな南斜面に建つ「田尻の家」は、やや散漫な環境にあるため内部と周囲との間合い・繋がりがうまく調整された住宅。塗り仕上げ・木のルーバー等数種の塀と植栽...

#casaで続きを読む