マイホームを選ぶとき、こだわりたいポイントは何だろうか。一生に一度の買い物となると大いに迷うだろうし、思うところは人それぞれのはずだ。例えばおしゃれな外観を夢見たり、住みやすい間取りや機能を重視したり、家族のライフスタイルとの相性なども意識するかもしれない。そんな願いをあれもこれも叶えてくれる住宅があるとしたらどうだろうか。

日本らしい美しさと機能性を併せ持つ住まい

casa amare は、様々なラインナップを持つcasaのシリーズの中でも日本の伝統美を意識した住宅だ。シンプルな切妻屋根を持つ端正な外観は、周囲のどんな風景にも溶け込んで違和感がない。大きな三角窓を持ち、家の中からは見晴らしが良く、家の外からは家庭の温かさが垣間見えるのが特色である。外装・内装共に木の温もりを感じさせる和風な装いであると共に、快適に暮らせるためのさまざまな工夫が施されている。

伝統美と最新技術の融合

日本には、古くから建築や彫刻などに用いられてきた白銀比という比率がある。西洋には黄金比と呼ばれる比率が存在するが、日本の白銀比は日本人にとって美しいと感じられる比率として、奈良の法隆寺などにも取り入れられてきた。別名「大和比」と呼ばれるこの比率を住まいに取り入れたのがcasa amareだ。伊勢神宮をお手本に日本古来の美しさを追究し、最新技術によって耐震性や耐久性をも実現した住宅なのである。

伝統美と最新技術のコラボレーションは内装にも見られる。窓には昔ながらの障子とペアガラスが組み合わされており、美しさだけでなく優れた断熱効果を実現している。また、天井や壁の断熱材、歩き心地の良い床の木材など、随所にこだわりが感じられる。

平屋のような2階建てという心地良さ

casa amareにはもう1つの大きな特徴がある。一見、日本人好みの美しい平屋のような外観でありながら、実は中は2階建てになっているのだ。生活に不可欠な機能は1階にまとめられ、2階は収納や子供部屋、趣味の部屋などさまざまな用途に充てることができる。更に、子供が成長した時など必要に応じて、間取りの変更も可能である。吹き抜けを広く取ることもでき、家族の気配を感じながら過ごせる点も魅力的だ。平屋の美しさと2階建ての住みやすさのいいとこ取りを実現した住まいなのである。

懐かしさと新しさの中での暮らし

理想の家を追求するのは簡単なことではない。おしゃれな見た目にこだわると、間取りや機能で不満が残ることもあるだろう。逆に機能面を優先することで、デザイン面には目をつぶることもあるかもしれない。「casa amare(カーサ・アマーレ)」は、見た目でも住み心地でも快適さの実現を目指した、これまでにない形の住まいだと言える。懐かしくて新しい日本の家での暮らしを、あなたも検討してみてはいかがだろうか。

投稿 美しく住みやすい日本の家「casa amare(カーサ・アマーレ)」の秘密#casa に最初に表示されました。