街道沿いに建つ、街と家族のコミュニケーションが楽しめる柳瀬真澄設計の「箱崎の家」

福岡を拠点とし、住宅をメインに様々な空間の建築設計を手がける建築家・柳瀬真澄。近世、唐津街道の宿場町として筥崎宮を中心に栄えた地域である福岡県箱崎に建てられた「箱崎の家」は、現代の町屋をテーマに、伝統と現代ならではの機能性を織り交ぜた和モダンな住宅です。 町民の生活が根付く街道に...

#casaで続きを読む