五十嵐淳が積雪地における心地よい暮らしと屋根の在り方を提案する住宅「屋根と矩形」

建築家・五十嵐淳が手がけた北海道苫小牧の住宅地に建つ陸屋根の2階建ての住宅。積雪期における地上の除雪作業を軽減するため、屋根を建蔽率いっぱいまで広げ、外部テラスを南北それぞれに設けています。外壁は針葉樹合板の下見板貼りで、幅長をGLから徐々に広げることで陰影や視覚的な変化を与えて...

#casaで続きを読む