隈研吾が魅力を感じた温泉郷・大湯の地に作った秋田県の「道の駅・おおゆ」

東京から627.3km。この遠く離れた秋田県鹿角市で、世界的な建築家として知られる隈研吾が手がけた建築が存在します。もともと都市から離れた場所での仕事に興味を持つ隈研吾が、温泉郷でもあるこの大湯の地に魅力を感じてデザインしたのがこの「道の駅・おおゆ」です。 大湯の自然を生かす「道...

#casaで続きを読む