巨匠・磯崎新の建築を歩く。地形を活かした建築「岐阜県現代陶芸美術館・セラミックパークMINO」

愛知と岐阜を跨ぐ山中、そこ現れるのは「岐阜県現代陶芸美術館」だ。ここには建築家・磯崎新がその地形を活かして作り上げた建築を体験することができる隠れた名スポットがある。 「岐阜県現代陶芸美術館」とは? 陶芸の歴史と技術が盛んなエリアとして知られる岐阜県・多治見市。 岐阜県現代陶芸...

#casaで続きを読む